« シアトル旅行記3 | トップページ | ダッシュ »

2008年8月13日 (水)

シアトル旅行記4

シアトル旅行記その4です。
駆け足で掲載を続けてきましたがこれにて終了です。

まずは「シアトルアンダーグラウンドツアー」から。
1889年6月6日、シアトルのダウンタウンを焼き尽くす大火災がありました。そして、その災害から復興する手段として当時の市民が選んだのは「古い街の上に新しい街を作る」でした。
それにより、街の復興に伴い古い街は現在の街の地下に眠ることになったのです。

さて、1枚目の写真はアンダーグラウンドツアーの冒頭で参加者が説明を受ける部屋にて撮影したもの。
ここでガイドさんの話を30分ほど聞かされます。話好きのガイドさんなので特に長かったような気がします。
2枚目、3枚目は地下通路で撮影したものです。
4枚目の写真はなんと当時のコーヒーメーカーだとか。こちらはツアー最後のみやげ物売り場に展示されていました。
アングラツアーにて1
アングラツアーにて2
アングラツアーにて3
むかしのコーヒーメーカー


次は「シアトル水族館」です。
えー、正直言うと水族館としては物足りないです。日本の水族館のようにパフォーマンスタイムなどはなく、どちらかと言うと子供たちの学習をひとつの目的としているように感じます。シアトルの海には少ないせいなのか、ヒトデとイソギンチャクが妙に多かったです。

1枚目の写真はハコフグ?のぷくちゃんとふくちゃん。
2枚目の写真はタコに少女。壁にタコの絵が描かれており、そのうち2本の足がリアルな作り物でした。
ぷくちゃんとふくちゃん
オクトパス少女


次はマリナーズの試合観戦に訪れた「セーフコフィールド」です。
美しく輝く芝生が印象的な球場です。

1枚目の写真は観戦席から見た球場内の写真。
2枚目はイチロー。。。光学3倍ズームではとてもじゃないですが、イチローの姿を近くに捉えることは出来ません。
3枚目はマリナーズのマスコットキャラ「ムース」君。ヘラジカがイメージとなっている模様。このムース君かなりアクティブな人物らしく、ローラーブレードに乗って球場内を移動していたところ、壁に激突し骨折したことがあると言うツワモノです。
セーフコフィールド
小イチロー
ムース君


最後は成田に向けて降下を始めた飛行機の窓より。もうすぐ成田

以上、駆け足ですがシアトル旅行記でした。
シアトルでは多くの貴重な体験をすることとなり、また、天候にも恵まれたため、充実した日々を過ごすことができました。今度は六花を連れて行きたいところですが、さすがに海外はムリなので国内旅行にでも行きたいです。

|

« シアトル旅行記3 | トップページ | ダッシュ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シアトル旅行記4:

« シアトル旅行記3 | トップページ | ダッシュ »