« 2007年8月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年9月の記事

2007年9月22日 (土)

クロくん(仮名)

先日の記事で初登場のクロくん(仮名、性別不明)、実はほぼ毎日姿を見ます。出会った当初は飼い猫かと思っていたんですが、六花の散歩をする傍ら奥様方の会話にさりげなく耳を傾けるとどうやら飼い猫ではない様子。

今日は六花の抜糸を記念?してそんなクロくん(仮名)と六花の本日のやり取りをお届けします。(写真多めです。すいません。)

2007_09220036a

クロくん(仮名):「お、六花くんやないの。今から行くからちょっと待っとき。」


2007_09220037a

クロくん(仮名):「ゴメン、ちょっと伸び。」


2007_09220038a

クロくん(仮名):「とっとっと。。。」


2007_09220039a

クロくん(仮名):「ふう~、待たせたの。じゃあまず。。。」


2007_09220040a

クロくん(仮名):「くわぁ~~~。」
六花:「………」


2007_09220041a

クロくん(仮名):「ん?」
六花:「………」


2007_09220042a

クロくん(仮名):「ゴメン、ちょっと背中がかゆいの。」
六花:「………」


2007_09220043a

クロくん(仮名):「かゆいの。」
六花:「………」


2007_09220044a

クロくん(仮名):「かゆいの゛ぉ~~。」
六花:「………」


2007_09220045a

クロくん(仮名):「せぇ~の。」
六花:「………」


2007_09220046a

クロくん(仮名):「ん?」
六花:「ぉぃ………(汗)」



不遜さすら感じさせるクロくん(仮名)の余裕の態度が素晴らし過ぎたので、立ち止まって黒猫と黒犬にデジカメを向けて連写しておりました。朝っぱらから怪しい人に見えたかも知れません。

クロくん(仮名)の姿を目で追うもののすっかり固まっている六花、そして、余裕の態度で伸びをしては視線チェックを送るクロくん(仮名)が対照的な光景でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

出会い

(今日の写真はおなべさんになる前の六花です)

毎日のように六花を散歩に連れて行くといろいろな人やいろいろな物に出会う。

基本的には犬の散歩に行く人たちによく出会うのだが、健康のために歩くおじいさんや社長のお抱え運転手さん、朝練に向かう中学生、近くのマンションに住み着いている野良猫のクロくん(仮名)などさまざまだ。

また、なぜかうちの近所にはノーリード&外飼いされているのミニチュアダックスがおり、その子が朝早くから徘徊しているのを見たこともある。きっと「犬は外でしょ、外」という厳しい家なのだろう。

2007_07220030a

これは犬2頭のリードを腰に巻きつけ笑顔で散歩するおねーさん。おとなしく犬が両側を歩いてくれるからこそなせる業だと思う。が、リードの張り具合を見ると犬的にはけっこうギリギリなのかも。よく見ると背筋がすっと伸びていて歩く姿が立派なおねーさんだ。デューク更家さんの影響なのかと思ってしまう。女性は大変ですね。。。



2007_08150020a

こちらの六花の視線の先に居るのは柴っぽい犬を連れたおばちゃん。毎朝この子を連れて町内を闊歩している。こちらの背筋は。。。ぃゃ、やめとこう。(ごめんなさい)

毎朝のように六花を散歩に連れて行くおかげで見ず知らずの人たちにも気軽に挨拶するようになった。自分の方から笑顔で挨拶し、それが相手の挨拶となって帰ってくると意外に気分がいい。立ち止まってじっくり会話することはあまりないがそれでも朝からいい気分だ。



そして、ときにはこんなのに出会うこともある。

2007_08140092a

ん?アンタ誰?六花に食われる前に逃げな。





避妊手術後の六花の経過は順調です。
散歩を控えめにしているので体力が有り余ってる感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

六花もついに

9月8日土曜日、少し遅くなりましたが六花の避妊手術を行いました。

環境が許すならば出産を経験させてやりたいという気持ちもありましたが、残念ながらそのような環境を与えてやれる甲斐性がとーちゃんにあるわけもなく、また、避妊によるメリット(乳腺腫瘍が発生する確率を抑えられる)も考えたうえでこの日に至りました。

2007_09090008a

六花は病院に1泊し、その翌日朝一番で迎えに行ってきたところ、思いのほか元気で食事も問題なく口にしているようなので少し安心しています。

もちろん、普段通りというわけではなく少なからず痛みのあるようで、動きが若干慎重であったり鳴き声に力が入らなかったりしています。

2007_09090001a

術後着姿が痛々しいですが、しっぽを振り振り笑顔を見せてくれるので申し訳ない気持ちと共に少し救われた気持ちになります。

この後は2度の術後検診を経た後、9月22日の抜糸予定日を迎えることとなります。

元気になったら行動範囲をもっと広げていろいろ遊びに連れてってやるからな、六花ねーさん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

誕生日

今日、9月1日は六花の誕生日です。六花もついに1歳になりました。

その昔、実家で猫を飼っていたんですがコイツは兄貴がいつの間にか貰ってきていた猫だったので誕生日などがさっぱりわからず、このようなイベントはやったことがありませんでした。ですが、六花は自分の意思で共に暮らし始めたヤツなのでここはひとつ奮発して誕生日ケーキとプレゼント(おもちゃとおやつ)を準備してみました。

2007_09010018a

晩ごはんを少し軽めに済ませた後はケーキタイムです。普段から食べなれていないものを与えるといつもは警戒してなかなか口にしないんですが、今日のケーキはびっくりするぐらい美味しそうに食べてくれたのでかなり驚きです。

まあ六花的にはいつもおやつは別腹のような感じで食べるのでケーキもおやつだと認識してくれたのだと思います。食後には必ずデザートが出るんだと解釈されても困るけど。

つか、おまえケーキ食べすぎだろ。軽めとは言え、ごはん食べた後にケーキを半分ぐらい食べちゃったじゃないか。俺が止めなかったらぜんぶ食べる気だっただろ。ウエスト太めなんだから明日の朝ごはんも軽めにしとくぞ。散歩も長めだぞ。

2007_09010043a

とまあ、1歳を迎えてさらに元気、食欲ともにいっぱいな六花ですが、本当にここまで元気に育ってくれてとーちゃんは嬉しい限りです。我が家に来た当初はジステンパーの疑いで体調を崩した後もしばらく咳が止まらず、さらには膀胱炎や下痢になったりもして毎週のように病院に行ってたけど今ではフィラリアの薬を受け取りに行く以外はほとんど病院には行かないもんな。

これもひとえに我が家に来るまでの間、愛情を持って六花を育ててくださっていたブリーダーさんや六花に関するさまざまな事で相談に乗っていただいたDoggy One 萩原さん、そしてたくさんお世話になった病院の先生方、六花をいつもキレイにしてくださるトリマーさん、いつも六花と遊んでくれる友人たちのおかげであると感謝しています。

また、最近では勢いではじめてしまっただけのこのブログにわざわざ足を運んでくださる皆さまとの新たな出会いにも感謝しております。このブログでの出会いがネットの世界またはリアルな世界で末永く付き合える友人との出会いになればと思います。

そして、今までまったく縁のなかった方々と俺をつなげてくれたのは六花、すべて君のおかげなんだよ。ありがとう。

2007_08220032a

最後は少しまじめにまとめようとしちゃったけど、また新たな一年を一緒に楽しくやっていこうぜ、六花。あと、俺の脚の臭いを人前で嗅ぐのはやめてくれよ、六花。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2008年1月 »